鼻づまりが辛くてレーザー治療をしてきた体験記

そろそろ花粉症の季節ですね。
2019年の花粉は特にひどいとニュース番組で言っていました。
2018年の猛暑のせいで杉の木の花粉がよく成長しているらしいです。

私は、花粉症ではありませんが、アレルギー性鼻炎がひどくて
ひどい時は耳鼻科通いと薬を飲んでいました。

去年の11月に思い切ってレーザー治療をして、
結果的に私はやってよかったと思ったのでその時の事をレポートします。

レーザー治療を受けようと思った理由

子供のころから鼻炎でした。
鼻が詰まったりするのはしょっちゅうで、ここ何年か定期的に匂いや食べ物の味が分からなくなったりして、困っていました。

匂いが分からないときは、病院に行って検査をしたり、薬を飲んだり点鼻薬をしたりしましたがすっきり良くなる事はありませんでした。

ネットで調べていると『レーザー治療』を見つけて手軽にできそうだし、怖いけどこれで良くなるならと思って受けてみようと思いました。

レーザー治療の流れ

まず、レーザー治療を受ける前に別の日に診察を受けました。
レーザー治療ができるかどうか、治療の進め方などの説明を受けました。
レーザー治療を行っている曜日と時間が決まっていたのでのその時に予約をしました。

鼻の中に麻酔のガーゼを入れていく。

いつもの診察台で行います。

ガーゼを入れる前に麻酔のスプレーをします。

そのあと麻酔をしみこませた細長いガーゼを何枚も鼻の奥に詰めていきます。
片方ずつ。
これは気持ち悪い。。
涙がぽろぽろ出てきます。
先生曰く、涙が出てくるツボを刺激しちゃうから涙が出てきちゃうんだよねー。とのこと。

麻酔が効くまで約25分~30分待つ 。

麻酔が効くまで待合室に戻って待機です。
看護師さんにマスクをもらいました。
どうやらガーゼが鼻から見えていたらしくやさしい看護師さんがくれました。

ガーゼを抜く

これも気持ち悪い。。
口から旗を出すマジシャンのように鼻からどんどんガーゼが出てきます。

鼻粘膜の表面をレーザーで焼いていく

麻酔が効いているので痛くはありませんが、粘膜を焼いているので焼いている匂いがします。
ここでも涙がぽろぽろ・・・

先生が

「こんな感じで焼いて行くよ」とか
「あと半分くらいだよ」とか逐一声をかけてくれたので状況が分かって安心でしたが、気持ちのよいものではないので

スポンサーリンク

「早く終わってー!!!」

と心の中で叫んでいました。
片方5分くらいでしょうか。長く感じました。

丁寧な先生でよかったと思いました。
たまに雑な先生いますよね…

帰宅

お薬をもらって終了です。

手術が終わった直後は鼻がめちゃくちゃ通っていました。

値段は全部で15,000円でおつりがくるくらいでした。

手術後1週間

最初の説明で、照射後1週間くらいは鼻の粘膜がはれて鼻づまり、
鼻水がひどくなることがあると言われていました。

翌日からその通りに鼻が詰まってめちゃくちゃつらかったです。。

3日くらいは鼻がものすごく詰まってしゃべりにくかったです。
鼻が一回り大きくなった感覚。
夜寝る時も苦しくて何度も起きました。いびきも凄くて自分で起きました。

1週間後に受診して問題がなかったので終了です。

このころには鼻の詰まりも解消して快適になってきました。

花粉症の薬が効かない花粉症の人も試す価値あり!

8~9割の花粉症に効果があるとのことでした。

こんなに快適になるなら、やってみる価値はアリです。

花粉症の対策には、花粉が飛散する3か月前に行うのが理想とのことなので11月から12月に行うとちょうどよさそうですね。

まずは受けられるか一度受診して医師と相談するといいと思います。

スポンサーリンク

手術後1年

手術後1週間過ぎると今までが嘘みたいな快適な日々がやってきました。

詰まっている感じが全然ありません。

鼻がスースー通って口も閉じて寝られます!

でもやっぱり1年位たってくると少しずつ鼻炎の症状が出てきます。

今のところ、薬も飲んでいないし、一番不快だった味が分からなくなることはないのでまだ効いているのかな。

まとめ

手術の日は40分で帰れるほど簡単なものでした。

結果的にやってよかったです。

食べ物の味が分からなくなるほどだったのですが、レーザー治療後、そんなことは一切なくなりました。

効果は1~2年とのことなので来年にはまた症状が戻るかもしれません。

あのガーゼを入れる感触を思い出すとまたやる気になりません。
でも、快適さは抜群なのできっとやると思います。

スポンサーリンク

フォローする