エリエールの大王製紙 紙マスクの発売日や購入方法、値段は?

最近ちらほら見かけるようになった紙マスクですが、まだまだ品薄状態が続いています。

そんな中、大王製紙が不織布マスクの国内自社生産を開始すると発表しました。

大王製紙といえば、ティッシュやトイレットペーパーなどの『エリエール』ブランドを展開する製紙メーカーの大手です。

今回は、大王製紙の紙マスクの販売時期や購入方法についてまとめました。

スポンサーリンク

エリエール 紙マスクの発売日は?

エリエールの紙マスクの発売日が気になるところですが、発売日は未定です。

感染対策のために大量のマスクを必要としている機関、施設等に優先して供給され、その後に私たち一般生活者向けに販売されるようです。

大王製紙の子会社のエリエールプロダクト株式会社に生産設備の導入が4月末、直ちに生産開始するとのことなのでそろそろ生産開始されている頃でしょうか。

初めは月に400万枚から生産して、7月には月に2,600万枚生産できるように計画されています。

シャープマスクは初めは一日15万枚の生産体制だったので、エリエールプロダクト株式会社では大量のマスクを生産されることになります。

これはありがたいです。

7月には一般家庭でも買えるようになってるといいですね。

エリエール 紙マスクの購入方法?

購入方法も未定です。

アイリスオーヤマやシャープのマスクのように公式サイトからの購入になるかもしれません。

すでに大王製紙では不織布マスクが販売されています。

それらは薬局やネット通販で購入できたので、今回のマスクもそういったところで購入できるかもしれませんね。

エリエール 紙マスクの値段は?

値段についても未定です。

シャープの使い捨てマスクの販売価格は50枚入りで1箱2,980円なので同じくらいになるのでしょうか。

ひと箱50枚入り5~600円で買えていた頃が懐かしいですが、今は仕方ないですね。

ネットでの反応は?

本当にありがたいです。

未だに医療機関ではマスク不足と聞きますし早く行き渡ってほしいです。

まとめ

『エリエール』と聞くと肌触りのよさそうなマスクになりそうと期待大です。

やっぱり、便利な使い捨ての日本製の紙マスクだと安心感がありますよね。

1日の新型コロナ感染者の数が大幅に減ったといってもマスクがないとまだまだ不安です。

早くマスク不足が解消して店頭で好きな時に購入できるようになってほしいです。

発売日や商品の仕様などの詳細などまだ分かっていませんが、分かり次第追記していきますね。

スポンサーリンク

フォローする