親から言われなくても勉強をする子にするには?!小さい内からできる事

「宿題まだしてないの?!」
「何?!この点数!!」
「前に教えた所じゃない!」

心当たりある親御さん、多くないですか?
こんな言葉、本当は言いたくないですよね。
褒めて育てよ、なんて難しい!!
現実的な話、そうではありませんか?

子供の数だけ性格がありますから、育児書通りに育てても、必ず育児書が謳う様な子になる事はないですよね。
参考になる話は沢山あって勉強になるんですが。

各家庭、それぞれの子供に合ったやり方や接し方があるはずで、それがわからず悩む事になりますよね。
結果、上記の様な言葉を言ってしまう。
「はい、わかりました」なんていう子供は滅多にいないと思います。

今日は私なりの【子供が自発的に宿題や勉強をする様になるには】について、書いてみようと思います。

幼少期からの習慣〜これは良かった〜

我が家には小学校入学前後からの決まりが2つあります。

宿題は帰ったらすぐにやる。

こちらは入学後の話です。

家に帰りまず宿題。
これは絶対です。
高学年辺りから友達との約束や塾があると雑になる為、時間を切って(遊ぶ約束時間の10分前まで等)途中まででもやる。
「夜するー」や、「後からするー」は禁止です。

「何時から友達と約束だから音読とプリントだけしたら行ってくる!」

こんな感じです。
この習慣はして良かったNo.1かもしれません。
帰宅後、まず、ランドセルやカバンを開けて宿題を出す事からでないと、我が家の放課後は始まらないのです。
ただ、クラス皆で帰ったらすぐに行かないといけない、の様な約束には臨機応変に対応してます。
仲間はずれにされたり、自分だけ行けないのは私だって嫌です。
決まりに対しては厳しく、でも寄り添える考え方には寄り添い柔軟に対応していたら、お母さんは無理は言わない、理由を話せば対応してくれる、と言い方は悪いですが刷り込めます。
お母さんは勉強!宿題!と言うばかりの「敵」ではなく、早く宿題を終わらせ遊ぶ協力をしてくれる「味方」なんだと早期に思ってもらえる様に「努力」をしました。

20時になったらテレビを消す。

こちらは就学前から。
テレビをオフにして、読書をしたり、パズルをしたり、ちょっとした勉強(平仮名書けるかな?等簡単なもの)をする時間です。

この時間、リビングはとても静かです。

スポンサーリンク

生活習慣とは継続する事でしか身につかないのでは?と思います。
昨日今日始めた事や言われた事を実行できる子はなかなかいないのでは?と、ずっと思ってました。
圧力的に、怒鳴ったりして無理矢理させる事は可能かもしれません。
ただ、それは怖いからするだけで、何もしてないのと変わりないのではないか、と思っています。

こういった理由から、5歳くらいから実施(機械的言い方ですみません)
成長に従い、この時間は、帰宅後やりきれなかった宿題をする、塾の宿題やテスト勉強をする、に変わってます。
やる事がないなら読書。

誰からともなく20時になるとテレビを消し、リビングにある大きめな机に集まります。
それぞれやるべき事をします。

そういう「空気」を作るんです。

そんな「空気」が勝手に出来上がる様な子供でも、家庭でもないから母親の私がそう決めて習慣を付けました。

結論、私は「宿題しなさい」と言った事がありませんよ。

親も付き合う・努力する事も必要

教育評論家でもないから、持論だし、間違いかもしれません。

上に書いた様に、子供たちの決まりの時間に私がテレビを見て爆笑してたり、好きな事していたら、子供はどう感じるでしょうか。

大人はいいよなー、好き勝手できて。

私が子供なら、こんな風に思ってしまいそう。

子供にあれこれ言う分、自分も何らかの努力が必要なんじゃないのかな?

って思います。

すごく反感買いそうですが、つまらない人間のただの1つの考え方だから許して下さい。

絶対に子供の勉強に付き合わないといけないとか、自分はちゃんと1人でしてたのにまだやらないといけないの、とか色々思うでしょうし、私も思いました。

現状、私は子供に勉強の事で怒った事がほぼありません。

それは、怒る必要がない様に仕組んできたから、と思っています。
この努力を惜しみませんでした。

まとめ

何ら参考にならない!と思われたら申し訳ないです。
もう既に中学生だし、とか、今更そんな習慣付け出来たら苦労しないわ、とか。
それでも頑固な私は言います。
自発的に勉強や宿題をする環境作りをしていこうよ、と。

親子コミュニケーションの時間でもありました。
それにより、私はゲームの面白さを知り、ゲームばかりしてる子供の気持ちがわかった事も嬉しい事の1つです。
我が家ルールがある代わりに、ゲーム時間制限はありません。
視力低下が心配ですが、やる事をやれば好きな事が好きなだけ出来る、をしています。
だから、文句も言いません。

こんなやり方もある、という例として、読んで頂けたらと思います^^

スポンサーリンク

フォローする