第2回小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙トップ10をまとめて紹介!

2020年5月5日に第2回『小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙』ベスト10の結果発表がありました。

堂々1位に輝いたのは、大人気の『ざんねんないきもの事典』でした。

今回は、こどもの本総選挙のベスト10のタイトルと簡単なあらすじをまとめてご紹介します。

休校中、いつもと違った本を読んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

第2回小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙トップ10

第1位.ざんねんないきもの事典

・ダチョウの脳みそが目玉より小さい
・イルカは眠るとおぼれる
など、122種類のいきものの残念な意外な生態を分かりやすく解説しています。

第2位.あるかしら書店

『あるかしら書店』とは「本にまつわる本」の専門店のこと。
店主に「○○の本はあるかしら?」ときくと、「ありますよ!」と何でも要望に応えてくれます。
月明かりの下でしか読めない「月光本」や、読書に付き合ってくれる「読書サポートロボ」など突飛だけどくすりと笑える本です。

第3位.りんごかもしれない

男の子がテーブルの上のりんごを見て「もしかしたらこれは、りんごじゃないのかもしれない」と一つのりんごからどんどん想像が膨らんでいきいきます。
ただのりんごを見て色々な角度から考えたりおもしろい想像力に圧倒されます。

第4位.ふしぎ駄菓子屋 銭天堂

幸運をもとめる幸運な人だけが、見つけられるふしぎ駄菓子屋銭天堂。
心に悩みや望みをもつ6人の主人公たちの物語。
主人公たちは幸運になれるのか?!

第5位.続ざんねんないきもの辞典

『ざんねんないきもの事典』シリーズ第2弾。

第6位.続々ざんねんないきもの辞典

『ざんねんないきもの事典』シリーズ第3弾。

第7位.もっとざんねんないきもの辞典

『ざんねんないきもの事典』シリーズの第4弾。

第8位.おしりたんてい ラッキーキャットはだれのてに!

喫茶店ラッキーキャットが舞台。
おしりたんていがオークションに関する事件を解決していきます。

第9位.ぼくらの七日間戦争

夏休みの前日、東京下町の中学校の1年2組男子全員が廃工場に立てこもった。子どもVS大人の戦いがはじまった!女子生徒たちとの連携による奇想天外な大作戦に、本物の事件がからんで大人たちは大混乱。テンポ良く進んでいくストーリーで一気に読んでしまいます。

第10位.鬼滅の刃 しあわせの花

ある村で、禰豆子と年の近い花嫁姿を見た炭治郎は妹禰豆子の幸せを思い、ある言い伝えを持つ幻の花を一人で探しにいくのだが……。
本編とは違ったほのぼのとしたサイドストーリーです。

『小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙』とは?

『小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙』とは、小学生が「1番好きな本」を選んで投票して選ばれた本のランキングをこどもたちと発表するイベントです。

今回が第2回目のこどもの本総選挙では、投票期間2019年11月1日~2020年1月15日の間に25万3399票もの応募がありました。

その中でベスト10の本が発表されました。

まとめ

第1位になった『ざんねんないきもの事典』は前回のこどもの本総選挙も1位を獲得して2連覇となりました。

更に今年のランキングトップ10にざんねんな生き物シリーズが4冊も入っています。

男の子にも女の子にも人気の本なのでランキングに入るのも納得です。

動物たちにとっては“ざんねん”なんて言われてかわいそうですが、たくさんの子供たちが興味を持って動物たちのことを知れることや本を手に取って読むことはとてもいいことだと思います。

休校中の小学生に本のプレゼントを考えていたら、この中から選ぶのもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

フォローする