2020年目黒不動尊瀧泉寺の初詣 混雑状況は?屋台から駐車場まで!

東京都目黒区にある目黒不動尊はお不動さんの愛称で呼ばれています。

子供の頃に近所に住んでいたので、初詣には毎年欠かさず行っています。

今回は目黒不動尊の初詣の混雑状況や屋台、駐車場についてご紹介します!

スポンサーリンク

目黒不動尊の初詣の見どころ

入り口の仁王門をくぐると普段は開けた場所なのですが、初詣のシーズンは所狭しと屋台が並んでいます

石段を上がると正面に大本堂が見えてきます。
左側には手を清める所とお守りを購入できるところが、右側には破魔矢を買うところがあります。
大本堂には不動明王の御本尊が祀られています。
仁王門も大本堂も鮮やかな赤色をしており、とても華やかな姿ですよ。

大本堂へ上がり参拝した後、そのまま本堂の裏手に回ると大日如来像がいらっしゃいます。

大本堂の正面に戻る途中には愛染明王という縁結びのご利益がある仏像がいらっしゃいます。

他にも、水かけ不動明王や、独鈷の滝青木昆陽の碑など、見どころ満載です。

目黒不動尊の混雑状況

目黒不動尊は、元日はとても混雑しています。

駐車場から石段の手前までびっしりと屋台が並び、点在している仏像様にお参りする人の列がそこかしこにできています。

神社の敷地がそれほど広くないので、到着してから参拝まで30分もかからないくらいだと思います。

ただ、駐車場は砂利道で、境内に上がる階段もゴツゴツしており段差が急なので、お年寄りが登るのにはかなり大変かもしれません。

階段には手すりはありますので、くれぐれも転ばないように気をつけてください!

大本堂に上がる階段はきれいな整備された階段ですので小さいお子さんやお年寄りのかたでも問題なく上がれると思います。

目黒不動尊のおみくじ・お線香・熊手の初穂料は?

おみくじは100円で、何箇所かに木箱が設けられているので並ぶことなくすぐに引くことができます。
おみくじを結ぶスペースも十分に取ってあります。

絵馬やお守りを買うところは購入までに10分ほど並んでいます。お守りは、厄除けや交通安全などひと通り揃っています。

お線香の初穂料は500円熊手の初穂料も500円だったと思います。

破魔矢お札なども販売しています。
御朱印もいただくことができますよ。

目黒不動尊の屋台や食べ物について

駐車場から1つ目の階段にかけて、びっしりと屋台が立ちます。
毎年同じ位置に同じ方が店を立てていると思います。

スポンサーリンク

私のオススメは、駐車場そばに立つおでんやさんの甘酒です。甘くてアツアツで身体があたたまりますよ!

いつも車でお参りに訪れるのですが、チョコバナナを食べて、甘酒を飲んでのんびりしてから、車内で買ってきた焼きそばたこ焼きを食べるのがお決まりになっています。

焼きそばは、紅生姜を自分で好きなだけ入れられるところが美味しくてオススメです。

また、子供が大好きな綿あめの屋台は不動尊の入り口である仁王門の手前側にあります。
多くの屋台が出ているのに、綿あめの屋台はここ1つなので、いつも10人くらいの行列がついています。

食べ物の屋台だけでなく、おもちゃがもらえる屋台もあってとても賑やかですよ。

ただし、大変混み合っていて歩くのがやっとです。また、犬を連れてお参りに来られる方もたくさんいるのでお子様連れの方はくれぐれも気をつけてください!

階段を上がって境内に入ると、かならず舟和の芋ようかんのお店が出ています。

参拝の後に買っていかれる方をよく見かけますが、食事ができるような場所は境内にはなさそうです

目黒不動尊のお参り1月中旬ならゆっくりできる!

境内に上がる石段の左側に、水かけ不動明王像がいらっしゃいます。

毎年初詣に出かけているのですが、一度体調を崩してしまい1月中旬頃にお参りに出かけたことがありました。

曇り空で寒い日だったというのもあるかもしれませんが、お参りに訪れているお客さんは私たちの他には2組ほどで

境内は本当にのんびりしていました。

元日に参拝に訪れると、人の多さからどうしても本堂でお参りを済ませたらおみくじを引き、お守りを買っておしまい、という慌ただしいお参りになってしまうことが多いと思いますが、その時は大本堂の中にある、干支守り本尊を見せていただくことができました。

大本堂の中にはうし年・とら年・うさぎ年・たつ年・へび年・とり年の本尊が、大本堂の裏にはひつじ年・さる年の本尊が配置されています。

また、阿弥陀堂にはいぬ年・いのしし年、観音堂にはねずみ年、勢至堂にはうま年の本尊がそれぞれ配置されているので、

家族でお参りに行って、それぞれの干支の本尊をお参りして回るのもとても素敵だと思います。

屋台も出ていないのでとても静かで、街の人を守ってくださっている目黒不動尊の親しみやすさが感じられるのではないでしょうか?

目黒不動尊へのアクセス

東急目黒線「不動前」駅より徒歩15分
JR「目黒」駅より徒歩20分

===車でお越しの場合===
山手通り「かむろ坂下」より信号2つ目右折
*駐車場があり、無料です。また、隣接してコインパーキングもあります。
目黒不動尊は住宅街が続く細い道を進んだ先にあるため、バスや徒歩で参拝に来られる方が多い印象です。
そのため、駐車場に入る車の列はそれ程長くはなく、5〜10分程度待てば停められると思います。
ただ、誘導の方も出ていますが、道が入り組んでおり人通りも多いので、運転に自信のある方にオススメです。

スポンサーリンク

フォローする