事務のパート面接での服装はスーツ?気を付けることは?

子育ても落ち着いた頃にパートを始める主婦が多いのではないでしょうか。

その中でも人気なのが事務職です。

事務のパートの面接ではどんな服装で行ったらいいのでしょうか。

やっぱりスーツ?

今回は、事務のパートの面接の服装や他にも気を付けることなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

事務のパート面接での服装はスーツ?

事務の面接ではスーツを着ていくか、綺麗目の格好をして行けばいいのか迷いますよね。

面接のときは、スーツを着用するようにしましょう。

会社によって制服があったり私服で仕事をするところがあると思いますが、面接ではスーツを着ていく方が無難です。

やはり仕事は遊びではないので普段着ている格好で行くとマイナスな印象を受けてしまうことがあります。

きちんとした清潔感を持った服装を考えればスーツを着ていくことが望ましいです。

ですがスーツを着る際にあたり注意することもあります。

・汚れていないか
・シワやシミがないか
・シワシワになっていないか

など確認しておきましょう。

このようなマイナス点があるとだらしないと思われがちです。

事前にクリーニングに出したり自宅でアイロンがけをするなど綺麗な状態にしておきましょう。

スーツが準備できない場合は?


スーツを買いに行く時間がなかったり、何かしらの理由で準備できない場合もあるかと思います。

その場合はどうしたらよいのでしょうか。

スポンサーリンク

・落ち着いた色合いのジャケットを着る
・清潔感のあるセットアップ

などカジュアルすぎない格好で面接に望みましょう。

セットアップでも短いスカートは禁止です。

ひざ丈くらいがベストです。

色合いも派手なカラーですと何しに来たんだろう…

と思われてしまいますので、落ち着いた色で服装をまとめましょう。

その他気をつけることは?

意外と意識しないと忘れてしまうのがです。

事務職ですと動くよりかは座って作業することが多いと思われます。

その為、手元をチェックされている場合があります。

ほとんどのところはネイルや爪が伸びているのは許可されていないようです。

中にはネイルOKなところもあるようですが、面接の時は爪を短くして清潔な状態にしておきましょう。

普段アクセサリーをつけている人は外すようにしましょう。

余計な物はそこに目がいってしまいます。

服装をきちんと着こなしていても細かいところで減点されないように隅々まで意識するようにしましょう。

面接官は身だしなみを見ている

服装というのはその人の印象を相手に与える大切な見栄えです。

当然派手な格好で面接を受ければ残念ながら落ちてしまうことでしょう。

事務職のお仕事は人気なだけあって倍率も高いことから身だしなみは基本になってきます。

その人へ仕事を任せられるか、仕事をしてもらえるかを面接官に思わせる為にもまずは外見からしっかりすることです。

服装の他にも髪型・髪色・メイク・爪なども整えておきましょう。

服装だけしっかりしていてと髪色が派手だったり髪色がボサボサだったりメイクが派手だったりと減点されたら意味がありません。

イメージとしては頭からつま先まで身だしなみを整えることが大切です。

意識しましょう!

まとめ

どのパートの面接でも身だしなみは大切です。

最初の第一印象はその人の外見から判断するものです。

スーツがない場合は、間に合わせでもユニクロやしまむらで安価なスーツを用意したほうが良いです。

用意できない場合は、落ち着いたきれいな格好をしていきましょう。

清潔感を第一印象にやる気を見せる為に正しい格好で面接に望むようにしましょう!

スポンサーリンク

フォローする