お弁当のデザート市販でおすすめは?冷凍できる?入れ方のポイントも!

お弁当を用意るするときって、朝は色々忙しいのでできるだけ楽ができたらいいですよね。

食後のデザートは楽しみの一つですがコンビニやスーパーで手軽に買える市販のデザートでちょっと手抜きができます(笑)

今回は市販品でおすすめのデザートをご紹介します!

スポンサーリンク

お弁当のデザート 市販のおすすめは?

朝は朝ごはんの準備や自分の支度やなんやかんやで忙しいですよね。

お弁当を作るだけでも一苦労。

たまにはスーパーやコンビニで買ったデザートを入れたっで手抜きをしてもていいですよね?!

市販品でデザートにおすすめのものは・・・
・ゼリー
・ヨーグルト
・プリン
・ムース

・ドライフルーツ
・缶詰のフルーツ

・冷凍のカットフルーツ
・冷蔵のカットフルーツ

・チーズケーキ
・みたらし団子

・芋羊羹
・スイートポテト

・冷凍食品のおやつ

などがあります。

お弁当のデザートは冷凍できる?入れ方は?

先ほど挙げたものはほとんど冷凍できます。
冷凍すれば冷たく美味しく食べられるし、保冷剤代わりになるしおすすめです。

ゼリー

ゼリーはこんにゃくゼリー、一口サイズ、果物が入ったものなどたくさんありますよね。

サイズが小さいゼリーは冷凍すると、すぐに溶けてしまいます。

水滴がおかずに移ると菌の繁殖が心配です。

常温か別容器に入れるのがおすすめです。

果物が入っているような大きいサイズのゼリーは、冷凍すると食べる頃にはちょうど良く解凍されています。

ヨーグルト、プリン、ムース

ヨーグルト、プリン、ムースはカップのまま入れられますが、しっかり保冷しましょう。
また、ヨーグルトやプリンを冷凍してもおいしく食べることができるので試してみてくださいね。

気温が高いと菌が怖いので、ヨーグルトは容器に移さず小分けのヨーグルトがおすすめです。

プリンはプッチンプリンがおすすめです。
凍らせると食感がねっとりして濃厚になって美味しいですよ。

ドライフルーツ

ドライフルーツはパイナップル、オレンジ、バナナチップスなど色々な種類があります。
そのままでも傷む心配がありません。

小さいタッパーに入れたり、直前にヨーグルトや缶詰と一緒に入れると、水分を吸って柔らかく食べることができますよ。

缶詰やカットフルーツ

缶詰カットフルーツは小さいタッパーに入れるだけ。

ゼリーと同様、冷凍すると美味しく食べられるし保冷剤代わりになります。

和菓子、洋菓子

和菓子、洋菓子も冷凍できますよ!

チーズケーキは半解凍だとシャリシャリして美味しいです。
今、バスクチーズケーキが流行っていますよね。
半解凍の状態で食べると濃厚でウマウマです( *´艸`)

みたらし団子もお昼にはちょうどよく溶けています。
コンビニのみたらし団子はカップに入っていて便利。
大きさもお弁当のデザートにぴったりですよ。

芋羊羹、スイートポテトはさつまいもなので食物繊維が豊富でヘルシーなおやつですよね。

スイートポテトは冷凍食品としても販売されています。
美味しいですよ♪

冷凍食品のデザート

冷凍食品のデザートには、ごま団子、ワッフル、スイートポテトなどあります。

自然解凍OKの物を選べばお弁当にポンと入れるだけです♪

お弁当にデザートの入れるときの注意点!

カットフルーツを使う場合は、温度が上がると果物の水分で雑菌が繁殖して他のお弁当も傷んでしまう可能性があります。

水分をしっかりキッチンペーパーなどで吸い取ったり、別々の容器に入れましょう。

他のスイーツも要冷蔵の物が多いですよね。

保冷バッグや保冷剤で温度が上がるのを防ぎましょう。

まとめ

お弁当は全体的に茶色くなりがち(ウチだけ?!)ですが、デザートを入れると色どりも良くなるし、甘くて食欲がわきます。

定番のゼリーやフルーツもいいですが、変わり種でチーズケーキやみたらし団子もおすすめです。

コンビニやスーパーで買える市販品は手軽で時短になります。

便利なのでぜひ利用してみてくださいね。

スポンサーリンク

フォローする