グレープフルーツの農薬は危険?農薬の落とし方や安全な食べ方は?

グレープフルーツは美肌やダイエットに効果があると言われ、人気の果物です。

スーパーで売られているグレープフルーツは輸入されたものが多いと思いますが、農薬が気になりますよね。

農薬が体に入ると危険なのか心配になります。

今回は、グレープフルーツの農薬の落とし方や安全な食べ方などについてご紹介します。

スポンサーリンク

グレープフルーツの農薬は危険?

グレープフルーツを買う時に、値段の横に使用した農薬が書かれているのを見たことがありませんか?

『農薬が使われている』と書かれると危険なのかと心配になります。

結論から言うと、農薬の心配はしなくても大丈夫です。

グレープフルーツは、海外から輸入されるときにカビが生えないように防かび剤が使われます。

でもその薬剤は、法律で決められた日本の安全基準以下の量しか使われていません。

危険なものが簡単に手に入ってしまうと問題ですよね。
体に害が出るほどの農薬はついていませんので安心して食べることができます。

グレープフルーツの農薬の落とし方は?

輸入されたグレープフルーツには防かび剤が付いています。

できれば体に入れたくはないですよね。

防かび剤は洗って落とすことができます。

落とし方は、水道の水を流しながら手でこすり洗いをします。

中身のほうまで防かび剤が浸透していることはないので皮だけ洗えば大丈夫です。

流水で洗ってもまだ気になる場合はスポンジを使って洗ったりグレープフルーツの皮に塩をまぶして洗いましょう。

グレープフルーツの安全な食べ方は?

流水で洗えば農薬を落とすことができると言っても完全に落ちるわけではありません。

グレープフルーツはみかんのように手でむいたり、三日月のように切って食べますが、どのように切れば農薬が口に入らず食べることができるのでしょうか。

グレープフルーツを上下に切って、スプーンで食べる方法が安全です。

皮を剥いたら手に農薬がついてしまいますが、半分に切るだけなら手に付いた農薬が中身に付くことはありませんよね。

グレープフルーツを食べるときは、
・洗って食べる
・皮を触ったら手を洗う
・皮は食べない
・皮ごと絞ってジュースにしない

この点に注意すれば安全な食べ方といえます。

まとめ

グレープフルーツに付いた防かび剤は流水でよく洗い落とせば体に害はありません。

特に妊婦さんや子供が食べる場合は慎重になりますよね。

皮をむいて食べれば果肉に農薬はついていないので安心です。

皮についた農薬が実に付かないように半分に2つに切ってスプーンで食べればより安心です。

グレープフルーツはビタミンCが豊富で美肌効果もあり、香りには食欲を抑制してダイエット効果もある女性にとっては嬉しいフルーツです。

怖がらずにおいしく食べてくださいね。

スポンサーリンク

フォローする