実家へ帰省する際の手土産お菓子以外で喜ばれるお土産とは?

遠方からの帰省となると、実家でも手土産を用意する方も多いですよね。

その時に毎回手土産にお菓子もな…なんて思っている方もいるのではないでしょうか。

お正月なんかは親戚が集まったりするので出来れば被らない物をもっていきたいところです。
皆さんはどのような手土産を選んでいますか?

今回は実家へ持っていくお菓子以外の手土産についてご紹介します。

スポンサーリンク

帰省の手土産の選び方のポイントは?

数ある中から選ばなくてはなりません。
その中から選ぶときのポイントがあります。

帰省の手土産の相場は?

まずは予算です。

一般的に3000円前後が多いようです。

これは帰る頻度やご実家で暮らしているご家族の人数によって前後するかもしれませんね。

人数を把握する

みんなに分けるとなると前もって人数を把握する必要があります。

親戚が多い方は大変になってしまうと思いますが予算の中で上手に決めましょう。

被らない物

親戚の方も何か手土産を持ってくる場合がありますよね。
その時に被らないように考える必要があります。

例えば、住んでいる所の名産物をお土産にしてもいいですよね。
同じ地域に住んでいる場合は何がいいんだろう…と迷ってしまうと思います。

その時は自分の手作り料理を持っていくなどみんなで食卓を囲める環境を作るのもお土産になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

帰省の手土産どんなものを買っていく?

上記のポイントをふまえて喜んでもらえる手土産を考えてみましょう。

すぐに食べられるもの

お寿司干物などその日の夕食におかずとしてみんなで食べられるものだと話も広がって楽しいですよ。

季節の物をお土産にしたいならば、旬のフルーツなどもいいかもしれませんね!
美味しいフルーツはもらった側も嬉しいと思いますし、喜ばれるお土産だと思います。

おつまみ

お酒が好きなご両親なら、お酒に合うおつまみはいかがですか?
最近では変わった缶詰も売られているので缶詰の詰め合わせもおもしろいですね。

缶つまと言うらしいですよ~。

漬物乾き物も喜んでくれそうですね。

実用的なもの

エプロンスリッパなどの実用的なものは、自分で買ったものより愛着が沸くのではないでしょうか。

心をこめて選びましょう。

緑茶や紅茶

普段飲んでいるものより少し高価な緑茶紅茶はいかがでしょうか。

ちょっと一息の時間が特別な時間になりますよね。

子供からのお手紙や写真

久しぶりに孫に会えるのを楽しみにしていることでしょう。

会えなかった間にこんなことがあったんだね。
絵や手紙が上手に書けるようになったんだね。

と成長が感じられてうれしいのではないでしょうか?

まとめ

義実家の場合は悩んでしまうと思いますが自分の実家の場合は自分のお母さんお父さんだからこそ好みが分かります。

実家でも意外と悩んでしまうお土産ですが、好みを知っているだけで選びやすくなります。

また人数や年齢も考えて選びましょう。

迷った時にはネットでも検索するとお土産ランキングのようなものが出てくるので是非見てみてくださいね!

スポンサーリンク

フォローする