お下がりを沢山もらったけど名前が書いてある…何か消し方はないの?

友人や親戚から、もう着なくなったからあげる!
とお下がりをもらうことがありますよね。

まだまだ綺麗な状態でこれからも子供が着れる洋服や靴などを頂けるのはとても有り難いことです。

中には学校で使える教材や道具などを兄弟で大切に使うご家庭もあるかと思います。

ですが、これから使うのに名前が書いてあった…
なんてことはありませんか?

その場合どのように消せば良いのでしょうか?
またこれから名前を書いて使いたい時にはどうしたらよいのでしょうか?
今回はこのような悩みを解決していきましょう!

衣類の場合

特に幼稚園や保育園では物を無くさないために衣類にもタグの所にマジックや名前スタンプで名前を書きます。
当然洗濯しても落ちないように油性マジックや水に強い物で記入するかと思います。

目立つわけではないが自分の物になるなら消したい…
これから使うから上書きして名前を書きたい…
など持ち主の名前を衣類の場合にはどのようにして消せばよいのでしょうか?

タグを切る

タグにマジックで書いてある場合にはハサミで切ってしまう方もいます。
タグを切ってしまうと名前を書く場所がなくなってしまいますが、代わりになる布をまた縫い合わせてタグのようにする方法もあります。
縫い合わせたあとに名前を書くと書きづらいので縫う前に名前を書くことをオススメします。
この方法は少し手間がかかってしまうので手芸が得意な人向けかなと思います。
少し時間がかかってしまう作業かと思いますが綺麗に修正することができます。

除光液で消す

マニキュアを落とすときの除光液です。
洗濯してもなかなか落ちない油性ペンや名前スタンプはこの除光液で落とすことができます。
落とし方は名前の書いてある部分の下にコットンやティッシュをあて、上から除光液を綿棒やスポンジに染み込ませてポンポンとたたいていきます。
すると書いてあった名前が薄くなって消えていきます。
手が荒れてしまわないようにゴム手袋やビニール手袋をして行いましょう。

アイロン布で上から貼り付ける

消えなかったり消すのが少し手間だな…
と思う方は名前が隠れるようにアイロンでくっつけることができる布を上からカバーしましょう。

今では100円ショップでも販売されているところもありますし、洗濯しても取れない洗濯可能なアイロン布もネットで探すと出てきます。
切取ってアイロンでくっつけるだけなのでとても簡単ですよ!
上からまた綺麗に名前を書けるのがメリットです。

スポンサーリンク

プラスチック製や紙製の場合は?

お下がりは衣類だけではありません。
プラスチック製の物や紙製の物もありますよね。

プラスチックの場合は?

プラスチックに油性ペンで書かれている場合は先程ご紹介した除光液か消毒用のアルコールで消すことができます。プラスチックまで溶かしてしまう場合があるので、目立たないところで試してから使用することをお勧めします。

紙製の場合は?

紙製となると難しいですよね。
そんな時は更におしゃれにアレンジするように、上からマスキングテープシールでごまかしてしまいましょう!
マスキングテープやシールには沢山の種類があるのでお子さんの好みに沿って選んであげるのもいいかもしれません♪

また、名前シールを作ってストックしておくといちいち名前を記入しなくてもすぐ貼ることができるので便利ですよ!
名前シールにもサイズがあるかと思うので工夫して作ってみてはいかがでしょうか。
プラスチック製や紙製だとシールが貼れるので消えなくても心配せずに可愛く仕上げてみてください♪

まとめ

いかがでしたか?今回は貰ったお下がりに名前が書いてあった時の消し方についてご紹介しました。
どうしても消えない場合でも上からテープを貼ったり布をくっつけたり、縫ったりとリメイクするかのように修正する事が出来ます。
またそれも1つの楽しみとしてまた新しい物へと変身させてみてはいかがでしょうか♪
またお下がりを嫌がるお子様でもカッコよく可愛く仕上がる様に工夫してみるのも良いかもしれませんね♪

スポンサーリンク

フォローする