才と歳の使い方の違いは?どのような使いわけをすればいいの?!

皆さんは年齢を記入するときに「才」と「歳」どちらの感じを書きますか?
その時よっては書き方が違う、歳は難しいからいつも才と書く、などなどその人によっては書き方が違うようです。
どちらも同じ意味だとしても漢字が違うと言うことは何か使い方あるのかな?
と疑問を抱いてる方が多いと思います。
今回はこのような疑問を解決していきましょう!

「才」と「歳」どんな使い方をしている?

どちらも同じ意味なので使い分けは人それぞれだと思いますが、まだ小学生や中学生あたりの子供たちは「才」と書く場合が多いと思います。
その理由としてもまだ「歳」の方の漢字をならっていないからです。
だとしたら大人の方は難しい方の漢字を使うのでしょうか?
個人的なイメージとしては、やはり小学生低学年くらいまでの年齢を記入する時は簡単な方の漢字を書くような気もします。
ある程度年齢が過ぎたら難しい方の「歳」を使うイメージです。
では、みなさんはどのような考えで使い分けるのでしょうか。

「才」の場合

まだこっちの漢字しか習っていないから

小学生低学年の子どもたちからしたらこのような理由があります。「歳」は小学生5・6年生で習う漢字なので書けなくて当然ですね!ですが子供の書類を保護者の方が書く場合はどちらも書けますので、分かれる場合が多いかと思います。

簡単だから

この理由が1番多いのではないでしょうか?確かに「歳」と比べたら画数も2画で書きやすいのがメリットですよね。すぐに書けるという理由から多くの方はこちらを使われるのかと思います。

年齢で使い分けている

小学生低学年くらいまでは何となく簡単な方でいいや!と思う方が多いようです。その場の気分で書く人もいれば年齢で使い分ける人もいます。

「歳」の場合

大切な書類を書く際はこちらの漢字を使う

書類や子供たちの提出物はできるだけ漢字で書くように、年齢を記載する際も簡単な方ではなく難しい方を使う人が多いようです。

スポンサーリンク

大人だから

子供の頃は簡単な方でもいいけど大人になったらこっちを書いて当然。と思う方もいます。たしかにこちらが書けるならば簡単な方な方を書くのはちょっと…なんて思いますよね!

などなど他にもさまざまな理由があると思いますが皆さんは色んな場面や状況で使い分けていることが分かります。

スポンサーリンク

年齢に使う時は「才」と「歳」どちらが正解?

どちらも同じ意味を示す漢字ですが、人それぞれの判断で使い分けてもよいのでしょうか?
実はそれぞれちゃんとした意味があります。
本来は年齢を書く際は「歳」の方を書くのが正解です。

歳には歳末・歳月などの熟語があります。
なので「年」を表す漢字であると言えます。

ですが、「才」の場合は天才や才能といった熟語で使われています。
生まれ持っている才能や能力を表す漢字なので「年」という意味とは少し違う気がします。
では、なぜ「才」と書かれるのかというと、「歳」の方は画数が多く書きづらいことから代替えされたと言われています。
そのことから簡単な方を書く人が増えたという訳です。
小学生ぐらいだと習う感じは「才」なのでも書いても問題ないですが、正式な方は「歳」の方だと言うことを覚えておきましょう!

まとめ

いかがでしたか?今回は「才」と「歳」の使い分けの違いについてご紹介しました。
普段からどちらかに決めている方は「歳」を書くようにしましょう。
正式には「才」は、才能や天才などの熟語で使われている漢字なので実際は別の意味だと言うことが分かりました。
ですが、「歳」よりも簡単なことから代用された漢字なので、大人の私たちは正しい使い方をすることが大切だと思います。
時には「歳」を記入するのはちょっと面倒くさいな…
なんて思うかもしれませんが、正しく書くようにしましょう。

スポンサーリンク

フォローする