クリスマスプレゼントの子供への渡し方は?渡す日はいつ?

一年の中でも一番と言っても良いほど、子供が楽しみに楽しみにしているのがクリスマス!

サンタさんからのプレゼントを貰うために頑張っている子供も中にはいるのではないでしょうか。

さて、クリスマスプレゼントの渡す日は25日でしょうか?

それとも24日のイブでしょうか?

また、どのような渡し方をしたら喜ばれるのでしょうか?

今回はクリスマスプレゼントについてご紹介します。

クリスマスプレゼントを渡す日はいつ?

一般的に、12/24をクリスマスイヴ

12/25をクリスマス
といいますよね。

イヴはクリスマスの前日を表しています。

一体どちらの日にプレゼントを渡すのが正解なのでしょうか。

悩んでしまったときは子供の様子を見て渡すことにしましょう。

これは、子供がどちらの日を楽しみにしているか様子を見てから渡す方法です。

最近では24日をクリスマスだと思いこんでいる子も多いようです。

その場合はイヴにプレゼントを渡すのもいいと思います。

ですが、サンタさんを信じきってる子供にはバレないようにプレゼントを置くことが大切です。

一番は子供が寝ている時にそっと置いておくと25日の朝に子供の手元にプレゼントが行き渡りますよね♪

昼間に渡しても問題はありませんが、昼間ではサンタさんの姿がばれてしまう可能性もあるので、時間帯も工夫してみましょう。

クリスマスの日は大体の保育園や学校はもう冬休みに入っているので、子供さんが一番喜ぶ渡し方を考えてみましょう。

スポンサーリンク

クリスマスプレゼントを子供にサプライズで渡すには?

1年に1度のサンタさんからのプレゼントは子供の夢ですよね。

サンタクロースを信じているお子さんにはとことん付き合ってあげましょう。

せっかくなので、子供が喜ぶ方法で渡してあげたいですよね。

事前にしっかりと準備をしてサンタさんからのサプライズを成功させましょう。

定番の方法としては

  • 枕元に置く
  • クリスマスツリーの下に置いておく

というのが思いつきますよね。

いくつか例としてサプライズな喜ぶ渡し方をあげてみます。

サンタクロースの格好をする

実際にサンタクロースの格好をして子供にプレゼントを直接渡す作戦です。

ポイントは全員が揃っているときに登場するのがおすすめです。

子供の年齢を考えてサンタさんになりきることが大切です。

大きくなってくるとパパだということが声や見た目でわかってしまう子供もいます。

それを避けたい場合は、お父さん同士を交換してみたり、子供があまり知らない人にサンタさんをやってもらう方法もあります。

実際に手渡しされると、大興奮で大喜びするに違いありません。

その姿を見ると頑張った甲斐があったなぁと思いますよ。

是非サンタさんになりきってみてください。

プレゼントに手紙を添える

プレゼントと一緒に手紙を添えてみましょう。

サンタクロースからの手紙なんて子供からしたら凄くワクワクします。

わざと英語にしてみたり文字を崩して暗号のように書いてみるなどサンタクロースになりきってお手紙を出しましょう。

電話をする

クリスマスパーティーなどをしているタイミングでサンタクロースからの電話。

これはお父さんだとバレてしまう可能性があるので誰かに頼んでみましょう。

電話する前にどこかへプレゼントを置いておくか電話した後に置くかは自由ですが、バレないように工夫してみてくださいね!

まとめ

24日のクリスマスイヴに渡すのか25日のクリスマスにプレゼントを渡すのかは家庭によってそれぞれですが、渡し方を工夫することによって子供達は大喜びします

どうせならば楽しい、嬉しいクリスマスにしたいですよね!

お父さん、お母さんたちが事前に計画を立ててサプライズするかのように驚かせてあげることも大切ではないのかと思います。

そしてぜひ動画も撮りましょう。後で見るととってもかわいいですよ。

クリスマスは子供の夢でもあります。

気づかれないようにそっと計画をたてましょう。

スポンサーリンク

フォローする