入学式と卒業式のスーツは同じでいい?コサージュの色やバッグはどうする?

入学式や卒業式で着るスーツは何度も着るわけではないので何着も買うのはもったいないですよね。
両方同じスーツを着て行けたら節約にもなります。

コサージュの色やバッグで変化をつけて兼用すれば大丈夫?

今回は入学式と卒業式で着るスーツについてご紹介します。

入学式と卒業式のスーツは同じものでいい?

入学式と卒業式のスーツは同じもので大丈夫です。

卒業前になるとママ友同士でこの話題が上りますよね。
みんな考えることは同じ。
入学の時期は新しい制服や学用品にお金がかかりますもんね。
同じスーツを着ると言うママさんも多いですよ。

人が何を着ていたかなんて記憶に残っていません。
卒業から入学までしばらく時間が空きますしね。

でも仲の良いママ友には気づかれちゃうかもしれませんよね。
その前に『私は同じスーツを着て行くよ』と宣言しておけば大丈夫^ ^

卒業式と入学式でスーツを着まわしするポイント

入学式と卒業式で同じスーツを着るには選ぶポイントがあります。

・卒業式は暗い色
・入学式は明るい色

が定番かと思いますが、入学式と卒業式で兼用する場合は白やパステルカラーのスーツは選ばずに、黒、紺、グレーのスーツを選ぶといいです。

ブラウスを卒業式にはおちついたもの、入学式では白やフリルがついたものなど変えてあげると雰囲気が変わります。

ワンピース+2ジャケットの3点セットのように入学式と卒業式で使い分けることができるスーツも売られていますので、こういったものを選ぶのも手ですね。

入学式と卒業式のコサージュの色は?

卒業式にはベージュやシルバーグレー、ピンクなどで派手なデザインではなく小さめでシンプルな形のコサージュを選ぶといいです。

入学式には淡いきれいな色のコサージュをつけるのがおすすめです。
ピンクやベージュなどの春らしい色や薄い水色や薄い紫などの優しい色を選ぶと入学式に合います。

スポンサーリンク

黒いフォーマルスーツに黒いコサージュだと、喪を表してしまいます。
お祝いの場には避けたほうが無難です。
濃いグレーはOKとされています。

シルクやシフォンで作られたコサージュは上品に見えます。
また、生花やプリザーブドフラワーで作られたコサージュなども素敵ですよね。
好みに合わせて選んでみてくださいね。

コサージュはどこにつける?

コサージュは左の鎖骨と胸の間に付けます。

これは人から見ると右側にあるほうが、印象に残って見栄えが良くなるんだとか。
どちらに付けるという決まりはないですが、こんな効果があるなら左側に付けたいです。

下のほうにつけるとだらしない印象になってしまうので注意が必要です。

コサージュをつけるかつけないか?

入学式や卒業式でコサージュをつける決まりはないので付けなくても問題ありません

『コサージュっておばさん臭くてダサいから付けたくないな。』
なんていう友達もいました。

確かに私の親世代はみんなつけてたイメージがあります。

オーガンジーのこんな感じの・・・

今はザ・コサージュじゃないコサージュも売られています。
いろいろ探してみるのもいいですね。

セレモニー用のスーツはシンプルなので胸元が寂しくなりす。
何も付けないより、スカーフやネックレスやブローチで華やかにしたほうが式にふさわしいですよ。

入学式と卒業式のバッグは?

バッグは、フォーマルに使えるバッグが一つあれば卒業式にも入学式にも使うことができます。

色は黒が一番無難ですが、黒やベージュ系なら割とどんなスーツにも合わせやすいです。
長く使うためにもシンプルなものがベストです。

光沢があったり派手なデザインは卒業式にふさわしくないです。
兼用するのであれば、光沢や飾りのないシンプルなかばんを選んでくださいね。

フォーマルバッグは小さなものが一般的ですが、式に持っていってもおかしくないデザインのバッグなら大きめでも問題ありません。

また、バッグが小さい場合は、サブバッグを持っていくことをおすすめします。
カメラやビデオ、スリッパなど持ち物もあると思いますし、帰りにプリントなどの資料をもらって帰ります。
大きさはA4サイズが入る大きさで、色は黒系がいいですね。
紙袋はNGですよ!

まとめ

入学式と卒業式のスーツは同じ人はたくさんいるので気にしなくても大丈夫ですよ。

コサージュやアクセサリーやブラウスなどで変化をつけるといいですね。
髪形を下ろすのとアップするのでも印象が変わります。

それぞれの式にふさわしい恰好をしていきましょう。

スポンサーリンク

フォローする