レンジの焦げた匂いを取るには?焦げ臭い部屋の消臭方法をご紹介

レンジで中のものを焦がしてしまうと大惨事です。

家の中に白い煙が充満して部屋中に焦げ臭さが残ってしまいます。

それはそれは大後悔です。
数分前に戻りたい・・・

でも、火事にならなくてよかったですね。

これからレンジの掃除と部屋に残った焦げた臭い匂いとの戦いです。

今回は、レンジで焦がしてしまった時のレンジの汚れや匂いと部屋の匂いを取る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

レンジの焦げた匂いを取るにはまず焦げの掃除

レンジの焦げたにおいを取るにはまずレンジの掃除をしましょう。
その後にレンジの匂いが残っていたら消臭しましょう。

焦げた電子レンジの焦げの取り方

用意するもの
・大きめの耐熱のコップ
・1杯の水
・重曹(大さじ1)
・キッチンペーパーor布巾orマイクロファイバークロス
・ビニール手袋

やり方
①耐熱容器に水と重曹を入れて溶かす。
②電子レンジで3分ほど温める。庫内に蒸気が広がったらOK!
③そのまま2~30分ほど放置。
④重曹を溶かした水にキッチンペーパー等を浸して庫内を拭く。

蒸気が広がることで、焦げや汚れをふやかして取れやすくします。

これでも取れなかったら、傷の付きにくいスポンジを使うことをおすすめします。
活性炭粒子の力が油と汚れを落としやすくして水だけで電子レンジに傷を付けずに、汚れを落とすことができます。

焦げたにおいの電子レンジの消臭方法

用意するもの
・耐熱皿
・レモンの皮(他にみかんなど柑橘系なら何でもOK!)

やり方
①耐熱皿にレモンなどを乗せてレンジで1~2分加熱する。

これでも取れなかったら何度か繰り返してください。

電子レンジの焦げ臭い部屋の消臭方法は?

部屋に煙が充満してしまったら、焦げ臭いにおいがしてきたら、すぐに換気をしてください。

壁紙やカーテンやソファーなどの布製品や木に匂いが染みついて部屋が焦げくさくなってしまいます。

時間が経ってしまうと、なかなか匂いがとれなくなってしまうので、扇風機を回すなどして早く空気を外に出すようにしましょう。

カーテンなどの布製品の消臭方法

カーテンなど外せるものは外してすべて洗濯です。
カーテンを洗ったら、そのままカーテンレールに干しておけばOKです。

ソファーにはファブリーズなどの消臭スプレーが活躍します。
さすが、プロが布製品の消臭のために作った商品です。

部屋に匂いが残っていたら、せっかく洗濯してもまた匂いがついてしまうので、洗濯している間に他のところのにおいを取りましょう。

壁紙やドアや床や電化製品などの消臭方法

壁などあらゆるところににおいが付いています。
雑巾を中性洗剤を溶かしたお湯でしぼってできる限り拭きます。

空気の消臭方法

家にいる間は窓を開ける
このとき、窓は1か所開けるのではなく、空気が通るように何か所か開けてください。
扇風機を回すのも効果的です。

・空気清浄機や換気扇をマックスにする
電気代はかかりますが、効果はあります。
数日間つけっぱなしの方がいいかもしれません。

・濡らしたフェイスタオルをぶんぶん振り回す
布に匂いがつくのなら、フェイスタオルに匂いをつけます。

まとめ

電子レンジで煙が出るほど焦がしてしまったら、早く対処してもなかなか匂いがとれません。
10日くらいかかるかもしれません。

レンジが焦げてしまったら、庫内を蒸気でいっぱいにしてふやかして落とすことができます。焦げがひどいと掃除は大変になりますがいろいろ試してみてくださいね。

柑橘系の皮をレンジでチンすると消臭効果があります。
なかなか消えない場合は何度か繰り返してください。

焦げの臭いは壁、床、ドア、カーテン、電化製品などいたるところについてしまいます。

長く部屋に焦げ臭さを残さないためにも、できるだけ早く対処することをおすすめします。

スポンサーリンク

フォローする